• トラストデント厚木店はお車に出来てしまった醜いヘコミを『安く』て『きれい』に修理出来るデントリペアの専門店です。

クォーターパネルは部分的にリヤフェンダーと呼ぶ事もあります。クォーターパネルは2ドアと4ドア、セダンやハッチバックなど車の形状によって施工方法が変わる事が多く、特にタイヤ前側部分ではプーリング工法を選択する機会も多くあります。

CX-5

マツダ CX-5の左クォーターです。
ヘコミの大きさは4センチ程ですが若干鋭く難しいヘコミです。

ベンツE400

メルセデスベンツE400カブリオレの左クォーターです。
カブリオレ車のクォーターパネルはツールアクセスに苦労します。
この施工はプーリング工法で修理しています。

ハスラー

スズキ ハスラーの右クォーターです。
トリムの脱着は必要ですが、特に問題無いヘコミです。

BMW

BMWの左クォーターのパネル際です。
難しい場所に難しいヘコミ方になります。

ルノールーテシアRS

ルノールーテシアの左クォーターです。
範囲が広い上にヘミング折れ、擦り傷もありましたので鈑金塗装も選択肢になりますが、トータルでデントリペアの方がメリットがありました。

N-BOX

N-BOXの左クォーターです。
内部構造の影響で非常に難しい場所のヘコミです。

プジョーRCZ

プジョーRCZの右クォーターです。
広い範囲で歪みが出来ていましたがプーリング工法での施行となりました。

オデッセイ

ホンダ オデッセイの左クォーターです。
比較的大きめですがキズが無ければ跡形なく施工出来ます。

スイフト

スズキ スイフトの右クォーターです。
バンパーとの境目がへこんでいるので非常に困難なヘコミです。

BMW

BMWの右クォーターです。
パネルの際なので難しいヘコミです。

エスティマ

トヨタ エスティマの左クォーターです。
ツールアクセスが良くない場所なのでプーリング工法を併用しての施工になります。

34GT-R

R34GT-Rの左クォーターです。
小さなヘコミですがトリム脱着は必要になります。

35GT-R

R35GT-Rの左クォーターです。
34GTRと同様にトリム脱着をしての施工になります。

ベンツSL

メルセデスベンツSLCの右クォーターです。
ツールアクセスが悪いのでプーリング工法での施行となりました。

レクサスLS600

レクサスLS600の左クォーターです。
この場所はトランク側からアクセス出来るのでトリム脱着料は掛かりません。

ヴォクシー

トヨタ ヴォクシーの左クォーターです。
車種やヘコミ方によりますがトリム脱着料が必要な場合はプーリング工法で施工してトリム脱着料を節約しています。

BMW

BMWツーリングワゴンの左クォーターです。
キズや折れ目の無いヘコミなので状況によってはプーリング工法で施工させて頂きます。

BRZ

スバル BRZの右クォーターです。
手のひら以上に広範囲に歪が発生していますので時間をかけてじっくり施工します。

エスティマ

トヨタ エスティマの右クォーターです。
2枚のパネルを重ねている部分なので施工は困難ですがプーリング工法との併用で施工しています。